フトアゴヒゲトカゲが口開けっ放しなんですけど?!その理由とは?【バスキング】

 
ゆうた
どうも、生き物好きブロガーのゆうたです❗️

✴︎本日のチビ✴︎

※超リラックスしてます

 
疑問者Tさん
フトアゴヒゲトカゲがよく口を開けて静止しています。どんな意味があるのでしょうか?

このような疑問にお答えします。

フトアゴヒゲトカゲが、ボーッとしながら口を開けているのには、身体的な理由があります。

恐らく、本日質問して来た方は、以下のような状況だと思います。

ボーッとした表情も愛らしいですね( ^ω^ )

こんな体勢を数分間キープするって、何してんだか。。と思いますよね。

本記事では、フトアゴヒゲトカゲが上を向いたまま、口を開ける理由についてお話します。

こんな方におすすめ
  • バスキング場でフトアゴヒゲトカゲが口を開けている
  • バスキング場ではない所で口を開けている

※【夜に最強】フトアゴヒゲトカゲの温度管理グッツという裏技
温度が低下する夜。そんな時に温度を保たせるライトとタイマーがあり、それを買う方が手間がかからないかもです。

>>夜間に最強の保温器具はこちら

バスキングとは?

バスキングとは、身体を高音で暖めると言う意味です。

フトアゴヒゲトカゲの飼育温度参考

  • 昼:バスキングスポット 35〜40度
      その他場所     27〜30度
  • 夜:全体        23〜25度

バスキングする場所をバスキングスポットと言い、35〜40度が適切な温度になります。

バスキングスポットを設ける為には、バスキングライトと言ったライトからの暖かい光によって補う事ができます。

バスキングライトの選び方は、かなり重要です。

温度が高すぎるとゆっくりと休めませんし、温度が低いといつまでたっても体が温まりません。

また、照射範囲が狭いと、大きな個体や複数飼育するには不適切です。

夜間の温度管理について知りたい方は、こちらの記事が参考になります🦎

合わせて読みたい

   ゆうた どうも、生き物好きブロガーのゆうたです❗️ ※更新日2022年1月30日 ✴︎本日のチビ✴︎ ※日光浴であたたまっている時のチビ  質問者[…]

バスキング場でフトアゴヒゲトカゲが口を開ける理由

実は、ただボーッとしている訳ではないのです。

バスキングスポットで、体温を温めているのですが、口を開ける事によって体の心まで暖まる事ができるようです。

ライトの熱が弱いと感じた方は、ライトの下に高さのあるシェルターを置くといいです。

ほどよく暖まってきたら、自然と口を閉じます。

このように口を開けたり閉じたりする事によって、体温調整をしているのです。

バスキング場ではない所で口を開けている

バスキング場で、暖まったことでその場を離れたのでしょう。

「暑いな〜」と思ってバスキングばから離れて体を冷ましているのです。

口を開ける事で「涼しい〜」と感じるのです。

なので、口を開けたままが数分程度であれば、体温調整しているんだねと思って大丈夫です。

温度管理のポイントは、ケージ内は、暖かい場所と涼しい場所を確保しておくこと。

まとめ

冒頭での「フトアゴヒゲトカゲがよく口を開けて静止しています。どんな意味があるのでしょうか?」と言った疑問にお答えしました。

まとめ
■口を開けるのは、体温調整をしている為
■バスキング場で体温を上げている為
■バスキング場以外では体温を冷ましている為

バスキングスポットに高さのあるシェルターをお求めの方は、こちらを使用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。